指導者紹介

川村義之
宗家師範

1967年3月27日生まれ。

20代からシュートボクシング、ムエタイを中心に、格闘技の練習に熱中。

1日最低6時間、身体を鍛えるハードトレーニングに明け暮れる日々を送る。

猛練習がたたり、全身に故障を抱えたことを契機に、身体操作の研究に没頭。

格闘技時代には否定していた達人が、本当に実在することを知り、驚愕する。

立禅、伝統空手の形稽古などを通じて、達人の身体操作に開眼。

研勢塾として、空手家、剣道家、合気道家などを対象に、個別指導を開始する。

格闘技歴、武道歴を合わせて30年を迎えようかという2021年、自流を興し、道場を開く。

自らの経験と研究の成果を、唯真流という形で、多くの人に役立てることを志す。

 

「僕がお伝えしたい空手道は、天地自然の理に適った、取り組みやすく、続けやすい武道です。

天地自然の理に適うとは、無理がなく、心身の健康の向上を助けることができるという意味です。

根性論で、自分の身体を壊した僕だからこそ、空手道を愛するあなたに、同じ轍を踏ませることはありません。

唯真流の空手は、驚きと喜び、楽しみに満ち溢れた空手であり、毎日を生きる糧となる空手です。

唯真流の空手によって、あなたの人生を、驚きと喜び、楽しみで彩っていただけたらと思っています」



SCHEDULE

2022.05.23 Monday